日本刑事政策研究会 罪と罰
トップページ > 罪と罰
第55巻
第55巻3号 平成30年6月
刑事司法と生物社会学
第55巻2号 平成30年3月
児童虐待と刑事政策
第55巻1号 平成29年12月
平成29年版犯罪白書

第55巻 3号平成30年6月
<巻頭言>
保護観察処遇のいま
法務省保護局長   畝本 直美


<論 説>
刑事司法と生物社会学
犯罪生物学の再興 エイドリアン・レインによる講演「暴力の解剖学」
龍谷大学法学部教授   浜井 浩一


ヒトはなぜ犯罪を犯すのか:進化生物学から見たヒトの行動戦略
総合研究大学院大学学長 長谷川眞理子


刑事司法において心と脳の異常の意味を正しく取り扱う
東京医科歯科大学大学院教授   岡田 幸之


双生児法を用いた人間行動遺伝学
─パーソナリティ特性と問題行動に関する心理学的知見─
千葉大学社会精神保健教育研究センター特任助教   田中 麻未






<刑事政策時評>
彷徨える「被害者の落ち度伝説」と事案の適正評価のゆくえ
首都大学東京 法学部教授・法学部長   星 周一郎


<海外の刑事政策のいま>
テロリスト/暴力的過激主義者の更生と社会復帰の取組について
:効果的な処遇に関する論点整理
国連アジア極東犯罪防止研修所教官   山本 麻奈



<寄 稿>
再犯防止施策の効果検証を行うための指針─ CODC指針の紹介─
前法務省法務総合研究所室長研究官・現東京少年鑑別所鑑別調査官   高橋   哲


<刑事政策研究室>
市区町村における被害者支援条例制定の必要性
大正大学非常勤講師   尾ア万帆子


<書 評>
「性犯罪者への治療的・教育的アプローチ」(金剛出版)の発刊に寄せて
法務省人権擁護局長   名執 雅子


<刑事実務の現場から>
BBS─悩める子どもたちを支える青年ボランティア─
特定非営利活動法人日本BBS連盟


<入門講座>
少年保護事件─非行少年の発見から審判まで
南山大学大学院法務研究科教授   丸山 雅夫


<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集
お知らせ


第55巻 2号平成30年3月
<巻頭言>
法務少年支援センターの活躍に期待
法務省矯正局長   富山   聡


<論 説>
児童虐待と刑事政策
児童虐待と刑事政策
東海大学法学部教授   柑本 美和


児童虐待の現状・近年の児童虐待防止対策をめぐる法改正について
〜虐待を受けている児童等の保護についての司法関与を強化する
  平成29年改正法を中心に〜
厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課虐待防止対策推進室長   宮腰 奏子





児童虐待と児童相談所のいま
東京都児童相談センター児童福祉相談専門課長   山元 照明


警察における児童虐待への取組状況について
警察庁生活安全局少年課長   滝澤 依子


児童虐待事件に対する検察の取組
仙台地方検察庁次席検事   高橋 孝一





<刑事政策時評>
統計に見る施行初年の一部執行猶予制度
慶應義塾大学法学部教授   小池信太郎


<海外の刑事政策のいま>
世界における社会内処遇の現状と未来への潮流
─第3回世界保護観察会議を終えて─
法務省保護局総務課補佐官   守谷 哲毅



<寄 稿>
再犯防止推進計画について
法務省大臣官房秘書課再犯防止推進室長   関口新太郎


<刑事政策研究室>
刑事政策と治療的司法─再犯防止を目指した新たな手続モデル─
成城大学治療的司法研究センターRA・淑徳大学非常勤講師   暮井真絵子


<刑事実務の現場から>
マインドフルネス ─今,この瞬間に気づいて─
筑紫少女苑長   塩島かおり


<入門講座>
少年法の意義と使命
早稲田大学法学学術院教授   小西 暁和


<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集の結果について
お知らせ


第55巻 1号平成29年12月
<巻頭言>
更生を支援する地域のネットワーク
法務省法務総合研究所長   佐久間達哉


<論 説>
平成29年版犯罪白書
平成29年版犯罪白書を読んで
国士舘大学法学部教授   辰野 文理


最近の犯罪動向と犯罪者の処遇─平成29年版犯罪白書から─
法務省法務総合研究所研究部総括研究官   粟田 知穂



更生支援に対する国民の理解と協力─平成29年版犯罪白書特集を参考に─
法務省法務総合研究所研究部室長研究官   谷   真如



<刑事政策時評>
第3回世界保護観察会議に出席して
中央大学名誉教授・弁護士   藤本 哲也


<海外の刑事政策のいま>
ASEAN諸国の社会内処遇について
国連アジア極東犯罪防止研修所教官   明石 史子


<司法と福祉の架け橋>
触法障害者の地域生活支援─窃盗犯への更生支援を中心に─
福島大学大学院人間発達文化研究科教授   生島   浩


<刑事政策研究室>
フランスにおける治療を理由とする刑の執行停止制度の改革
國學院大學法学部専任講師   安田 恵美


<刑事実務の現場から>
徳島における児童虐待事案への取組
前徳島地方検察庁検事正・現最高検察庁新制度準備室長   齋藤 隆博


<入門講座>
被害者支援の国際スタンダードと日本の現状
常磐大学元学長・世界被害者学会理事・国連・アジア刑政財団学術顧問   諸澤 英道


<刑事政策の窓>
アジ研及び国際協力部の国際法務総合センターへの移転について
法務省法務総合研究所総務企画部副部長   野原 一郎