日本刑事政策研究会
トップページ > 罪と罰
第56巻
第56巻2号 平成31年3月
AI時代の刑事司法
第56巻1号 平成30年12月
平成30年版犯罪白書

第56巻 2号平成31年3月
<巻頭言>
再犯させないために必要な,三つ目のこと
法務省矯正局長 名執 雅子

<論 説>
AI時代の刑事司法
AIに関する刑法上の課題
千葉大学大学院専門法務研究科教授 石井 徹哉

AI時代の刑事司法
法政大学大学院法務研究科教授 今井 猛嘉


自動運転車に関するAIを巡る刑事責任について
立教大学大学院法務研究科教授 深町 晋也


自動運転車に関する刑事実務的問題点
弁護士・中京大学法務総合教育研究機構専門教授・名古屋大学未来社会創造機構客員教授 中川 由賀



人工知能(AI)と捜査支援
警察庁科学警察研究所法科学第二部物理研究室 主任研究官 横田   亮

 
警察庁科学警察研究所犯罪行動科学部部付 主任研究官   渡邉 和美




<寄 稿>
我が国における再犯防止対策の経緯と再犯防止推進計画策定後の新たな取組
法務省大臣官房秘書課企画再犯防止推進室

<刑事実務の現場から>
矯正施設と地域のつなぎ目での心理支援
長野少年鑑別所長 等々力伸司

<入門講座>
精神障害者の犯罪(2)
同志社大学法学部教授  川本 哲郎

<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集の結果について

第56巻 1号平成30年12月
<巻頭言>
進む高齢化と犯罪
法務省法務総合研究所長   佐久間達哉

<論 説>
平成30年版犯罪白書
平成30年版犯罪白書「進む高齢化と犯罪」について
追手門学院大学社会学部准教授   古川 隆司

平成30年版犯罪白書(ルーティン部分)を読んで
東洋学園大学人間科学部教授   宮園 久栄

最近の犯罪動向と犯罪者の処遇 ─平成30年版犯罪白書から─
法務省法務総合研究所研究部室長研究官   鈴木  望



進む高齢化と高齢犯罪者への対応 ─平成30年版犯罪白書特集から─
法務省法務総合研究所研究部室長研究官   竹下 賀子


<刑事政策時評>
松山刑務所大井造船作業場逃走事件について
中央大学名誉教授・弁護士   藤本 哲也

<司法と福祉の架け橋>
オランダの再犯防止施策
─多機関連携による「入口支援」と「出口支援」の仕組み
立教大学コミュニティ福祉学部教授・保護司   小長井賀與



<刑事実務の現場から>
北の大地の高齢化と犯罪
旭川地方検察庁検事正   長谷川 保

<入門講座>
精神障害者の犯罪(1)
同志社大学法学部教授   川本 哲郎

<刑事政策の窓>
ストックホルム犯罪学シンポジウム及び授賞式への参加と研究発表に触れて
関東医療少年院 医務課長        遠藤 季哉
関東医療少年院 法務技官専門官   那須 昭洋