日本刑事政策研究会 罪と罰
トップページ > 罪と罰
第36巻
第36巻 4号平成11年8月
施設内処遇問題
第36巻 3号平成11年5月
更生保護制度施行50年
第36巻 2号平成11年2月
第12回国際犯罪学会
第36巻 1号平成10年11月
平成10年版犯罪白書
第36巻 4号平成11年8月
<巻頭言>
被害者等通知制度について
松尾 邦弘
<論 説>
特集 施設内処遇問題
処遇困難受刑者に対する施設内処遇の現状と課題について
加藤 久雄
アメリカ合衆国における刑務所管理の動向
山口 昭夫
ドイツにおける施設内処遇について
橋本 洋子
フランスにおける施設内処遇
渡邉 真也
イギリスにおける施設内処遇の現状と課題
宮澤 浩一
<刑事政策時評>
組織犯罪対策の現状を批判する
宮澤 浩一
<続日本刑事政策史上の人々(24)>
市瀬朝一
安形 静男
<海外の刑事政策と日本>
「被害者サービスのためのヨーロッパ・フォーラム」に参加して
立谷 隆司
<随 想>
鏡花の作品に見る「職務と情の相克」
奥  眞祐
翻然改悟
小林  勝
長崎県における草創期の免囚保護事業<刑事政策の窓>
松田 慎一
<刑事政策の窓>
ペルー国別特設研修
田中 秀樹
第36巻 3号平成11年5月
<巻頭言>
更生保護制度の当面する課題
鈴木 一久
<論 説>
特集 更生保護制度施行50年
社会内処遇の課題と展望
瀬川  晃
検察と更生保護とのかかわり
長島  裕
矯正と保護の連携について
福地 幸雄
我が国における犯罪者の社会内処遇の現状と課題
千條  武
更生保護と精神障害者のリハビリテーション
吉川 武彦
<刑事政策時評>
更生保護50年に思う
宮澤 浩一
<続日本刑事政策史上の人々(23)>
吉益脩夫
中田  修
<海外の刑事政策と日本>
イギリス社会内処遇の状況
守山  正
<随 想>
鳥取大火に思う
藤野千代麿
長く静かな時
中島富美子
仏説“人の心は,本来清浄”
松山 石根
<刑事政策の窓>
国際刑事裁判所における被害者について
名取 俊也
<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集について

第36巻 2号平成11年2月
<巻頭言>
国際化の中での法務総合研究所
河内 悠紀
<論 説>
特集 第12回国際犯罪学会
コングレスの構成と報告の概要
宮澤 節生
第12回国際犯罪学会において論じられた犯罪学理論
藤本 哲也
第12回国際犯罪学会ソウル大会−アジアの被害者対策 −
太田 達也
第12回国際犯罪学会に見る犯罪学研究の動向
浜井 浩一
<刑事政策時評>
国際犯罪学会 過去・現在・未来
宮澤 浩一
<続日本刑事政策史上の人々(22)>
初代保護局長 斎藤 三郎
山田 憲児
<海外の刑事政策と日本>
韓国の少年分類審査院
福田美喜子
<随 想>
クマに対する刑事政策的配慮の必要性について
小川  修
豊かな十勝園に想う
児玉 繁夫
高知更生保護の源流を探る
山口  透
<刑事政策の窓>
保護観察の実効性を高めるために
榎本 正也
<広 報>
平成10年度刑事政策に関する懸賞論文募集結果について

第36巻 1号平成10年11月
<巻頭言>
現代の少年非行について
坂井 一郎
<論 説>
特集 平成10年版犯罪白書
平成10年版犯罪白書に寄せて
宮澤 浩一
少年保護事件の審理及び処分状況
長島  裕
最近の少年非行の特質
松田美智子
非行少年の生活意識と価値観
吉田 研一郎
<刑事政策時評>
組織ぐるみの犯罪
宮澤 浩一
<続日本刑事政策史上の人々(21)>
少年審判官 三井 久次

<海外の刑事政策と日本>
「地域社会における少年非行防止」エスカップ・セミナー
赤塚  康
<書 評>
「東京の白い天使」M.プラング著,海鳥 百合子 訳
松本  勝
<随 想>
疑獄事件に思う
山本 恒己
「先用後利」の国から歴史,風土,それに人の情けによって織り成される
村上 清正
新潟の更生保護
並木 洋行
<刑事政策の窓>
行刑施設における処遇類型別指導について
古橋 祐子
<広 報>
平成10年度刑事政策に関する懸賞論文募集結果について