日本刑事政策研究会 罪と罰
トップページ > 罪と罰
第42巻
第42巻 4号平成17年9月
第11回国連犯罪防止・刑事司法会議(コングレス)
第42巻 3号平成17年6月
外国人の犯罪と刑事政策
第42巻 2号平成17年3月
犯罪と精神医療
第42巻 1号平成16年12月
平成16年版犯罪白書
第42巻 4号平成17年9月
<巻頭言>
新法施行を控えて思うこと
柴田 元始
<論 説>
特集 第11回国連犯罪防止・刑事司法会議(コングレス)
第11回国連犯罪防止・刑事司法会議(コングレス)の概要
甲斐 行夫
国際組織犯罪の現状と国際的取組み
小多 章裕
第7議題 国連基準・規則の実施促進:
   犯罪防止及び刑事司法分野における基準策定50年

竹中  樹
第11回国連犯罪防止・刑事司法会議における
   刑事司法改革と犯罪防止戦略に関する
   ワークショップの概要について


久保  貴
<刑事政策時評>
他山の石:危機に直面するカリフォルニア州の刑務所
藤本 哲也
<学会の動き>
日本刑法学会第83回大会
江口 和伸
<海外の刑事政策と日本>
英国における犯罪者処遇の特徴
清野 憲一
<刑事政策の窓>
人身の自由を侵害する行為の処罰に関する罰則の整備について
島戸  純
第42巻 3号平成17年6月
<巻頭言>
裁判員制度広報雑感
大林  宏
<論 説>
特集 外国人の犯罪と刑事政策
来日外国人犯罪者に対する刑事政策的対応の基本的視座
太田 達也
来日外国人犯罪と刑事政策
濱  克彦
府中刑務所における外国人受刑者処遇の現状及び課題
田中 秀樹
外国人受刑者の仮釈放について
小長井賀與
<刑事政策時評>
ドイツの行刑における社会治療
宮澤 浩一
<法務関連施設の今>
アメリカ犯罪学会
寺戸 亮二
<海外の刑事政策と日本>
カナダの司法精神医療システム
   ―ブリティッシュコロンビア州において―

鶴見 隆彦
<随 想>
函館に住んで知ったこと
立澤 正人
皮相の見
横山 和洋
保護司の俳句
平尾 博志
<刑事政策の窓>
PFI 手法による刑務所整備・運営事業
西田  博
<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集について

第42巻 2号平成17年3月
<巻頭言>
「犯罪多発社会」と保護司制度
清水 義悳
<論 説>
特集 犯罪と精神医療
司法精神医学の視点から見た医療観察法の意義と課題
山上  皓
精神障害者による犯罪
入谷  淳
精神障害受刑者と矯正医療
野方  晋
心神喪失者等医療観察法と保護観察所
蛯原 正敏
<刑事政策時評>
「性犯罪者前歴登録告知法」制定の是非についての議論の必要性
藤本 哲也
<法務関連施設の今>
東京入国管理局の新庁舎と収容場
後藤 正直
<海外の刑事政策と日本>
連合王国刑務所庁における心理専門職の職務について
   ―認知行動療法的処遇を中心に―

浦田  洋
<随 想>
地域の視点
加澤 正樹
性非行の再入率と累行性
遊間 義一
“青雲”の志
佐藤 匡代
<刑事政策の窓>
韓国における被害者支援の新動向
太田 達也
<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集の結果について

第42巻 1号平成16年12月
<巻頭言>
現下行刑の課題
横田 尤孝
<論 説>
特集 平成16年版犯罪白書
平成16年版犯罪白書を読んで
岩井 宜子
犯罪者の処遇
   ―平成16年版犯罪白書から―

宇川 春彦
受刑者の質的変化と処遇上の課題
小澤 政治
保護司の現状と課題についての一考察
押切 久遠
<刑事政策時評>
ロースクールと刑事政策
宮澤 浩一
<法務関連施設の今>
最近の更生保護施設
田中 大輔
<海外の刑事政策と日本>
アメリカ合衆国における法人に対する社会奉仕命令について
今村 智仁
<書 評>
谷岡一郎著 (2004)
   『こうすれば犯罪は防げる―環境犯罪学入門―』

原田  豊
<随 想>
悪魔のたくらみ
落合 俊和
人間の 「罪と罰」
北川 博美
甲府の鈴は 「母の鈴」
大矢  裕
<刑事政策の窓>
凶悪・重大犯罪に対処するための刑事法の整備について
佐藤 弘規