日本刑事政策研究会 罪と罰
トップページ > 罪と罰
第39巻
第39巻 4号平成14年8月
家庭内の暴力
第39巻 3号平成14年5月
アメリカ犯罪学会第53回年次大会
第39巻 2号平成14年2月
効率収容時代
第39巻 1号平成13年11月
平成13年版犯罪白書
第39巻 4号平成14年8月
<巻頭言>
「生き方を習う」
坂井 一郎
<論 説>
特集 家庭内の暴力
児童虐待への刑事法的アプローチ
林  弘正
家庭内暴力(DV)を取り巻く状況
   ―米国サンタクララ郡の実情―
加澤 正樹
徳田 祐子
韓国の家庭内暴力犯罪の実情と対策
栗栖 素子
<刑事政策時評>
カナダにおける危険な犯罪者に対する不定期刑
藤本 哲也
<世界の修復正義>
オーストラリアにおける修復的司法
細井 洋子
<海外の刑事政策と日本>
英国における社会内処遇の変革と「地域性」の動揺
河原田 徹
<随 想>
その後の江藤新平
小津 博司
維新の心意気
橋 泰夫
犯罪と被害〜一つの私(試)案〜
加藤 暢夫
<刑事政策の窓>
更生保護事業法等の一部改正について
 吉明
第39巻 3号平成14年5月
<巻頭言>
刑事関係における国際協調について
河村  博
<論 説>
特集 アメリカ犯罪学会第53回年次大会
21世紀における犯罪,犯罪学,犯罪統制
竹村 典良
アメリカ犯罪社会学会の今後の研究課題
馬場 暢子
ある実務研究者のアメリカ犯罪学会体験記
浜井 浩一
「矯正の理論と実践」「児童虐待と犯罪・非行」に関する研究動向
古田  薫
<刑事政策時評>
重大犯罪と精神障害
宮澤 浩一
<世界の修復正義>
『ニュージーランドの修復的司法』
高橋 貞彦
<海外の刑事政策と日本>
ドイツにおける行状監督制度の現状について
滝本 幸一
<書 評>
『刑事政策概論〔全訂第三版〕』
黒澤 美絵
<随 想>
青森地検における広報プログラムと被害者支援員制度
柳  俊夫
「外塀に思う」
山口  勝
石炭ストーブと更生保護
門奈 林三
<刑事政策の窓>
少年鑑別所における学習機会の付与について
川邉  讓
<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集について

第39巻 2号平成14年2月
<巻頭言>
保護観察の現状と課題
大林  宏
<論 説>
特集 高率収容時代
ヨーロッパ諸国における刑務所人口の増加と高率収容の実態
藤本 哲也
アジア,アフリカ,ラテンアメリカ地域における
刑務所収容状況及びその対策について

寺村 堅志
行刑施設における過剰収容の現状とその対策について
児玉 一雄
犯罪者の社会復帰をめぐる仮釈放運用上の諸問題
千條  武
<刑事政策時評>
ニュージーランドにおける刑事政策の新動向:
   成人に対する修復的司法協議会の導入

宮澤 浩一
<世界の修復正義>
ドイツの修復的司法
高橋 則夫
<海外の刑事政策と日本>
米国における連邦量刑基準の運用の実情
濱  克彦
<随 想>
旭川地検における被害者支援員の活動状況
佐藤 典子
住めば都
東谷 征人
宇都宮散歩
笠原 和男
<刑事政策の窓>
再被害防止のための出所情報通知・通報制度について
杉山 徳明
<広 報>
刑事政策に関する懸賞論文募集の結果について

第39巻 1号平成13年11月
<巻頭言>
過剰収容時代の矯正運営
鶴田 六郎
<論 説>
特集 平成13年版犯罪白書
犯罪の増加と刑事司法の変質
前田 雅英
増加する犯罪と犯罪者
千葉  守
外国人犯罪の動向及びF級受刑者の意識等
滝本 幸一
「犯罪白書」から見た近年の保護観察対象者の動向
河原田 徹
<刑事政策時評>
ドイツの治安報告書
宮澤 浩一
<世界の修復正義>
対審から対話へ,対話から合意の決定へ:修復正義再訪
西村 春夫
<海外の刑事政策と日本>
フィリピンの少年刑事司法及びバランガイ司法
赤塚  康
<書 評>
「17先進国における犯罪被害
   ―2000年国際犯罪被害実態調査の主要な結果」を読む

岡田 和也
<随 想>
拘禁施設の現状と検察
櫻井  浩
啄木を偲ぶ町
畔上 悦郎
陶変僕
佐々木 實
<刑事政策の窓>
「更生保護施設の処遇機能充実化のための基本計画」の進展
寶金 邦子